【特集】札幌の「ナマラ旨い!」老舗ラーメン店地区別10選

此度のブログは趣向をちょっと変えまして、札幌の地区別で10選「このままだと後継が居なくて閉店してしまうんじゃないのか?」って感じの老舗にスポットを当てて見ましたので、少しでも皆さんの参考になれば…と思いアップしてみました。

Sponsored Link

①中央区『食堂 新浜』

image image

@味噌ラーメン ¥650

image

やや甘めの味噌ダレがベースのスープは、モヤシや玉葱を炒めた香ばしさとあいまり、そこへ西山の緩めの麺が如何せん合うんです!

image image

片寄った具材配置はご愛嬌ですが、チャーシューの味付けが頗る良い!

食堂 浜新
011-221-6023
北海道札幌市中央区南2条東5
http://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010102/1027980/

②東区『竹のこ食堂』

image

image

@醤油ラーメン ¥600

image

THEノスタルジックラーメン!!!

image

めちゃくちゃ大好きなんだけど、何が?って言われたら答えに困りますが、捻りを加えずにそのまんまストレートに味わえる老舗の醤油ラーメンって感じなんです!

image

お母さんの笑顔も満点だし、文句を付けるところはありません♬♪♫

ただね…一口も食べてもいないのに被っていたニット帽に強烈なジンギスカン臭がいつてしまったってのは、この際内緒にしときます。

竹のこ食堂
011-751-3275
北海道札幌市東区北30条東10丁目2-1
http://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010202/1037006/

③西区『美和食堂』

image image

@みそラーメン ¥450

image

やや甘めの味噌ダレにモヤシや玉葱と同時に炒められた豚バラが乗っていて、それらがスープに馴染む事によって産まれるバランス感は、食堂系ラーメンの王道ともいえる風格がありますね~!!

image image

んで、合わせる麺はザ!札幌タイプのもので
プリプリしていて美味しいわぁ~(´▽`)ノ

@正油(上)¥430
@塩 (下)¥430

image

三味とも一杯500円以下だし
正油と塩に限っては、大盛りにしたって500円でお釣が出るというトンデモナイCPというおまけ付きですからね~!!!

美和食堂
011-661-1475
北海道札幌市西区西野3条7-5-10
http://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010204/1035104/

④南区『まる玉食堂』

image

image

@正油ラーメン ¥400

image

このご時世でラーメン一杯400円ってあり得ないCPです!!!

image

火入れされた野菜から出る柔らかな甘味と、戦隊系の旨味に醤油ダレの香味が合わさって、何ともかんともノスタルジックな味わいですね〜♪

image

麺はザ!札幌タイプのビタミン色の強い中太縮れタイプで、懐かし系のラーメンならばコレで間違いなし!!といったヤツですよね♪

チョイと硬めで塩っぱめな味付けのチャーシューに、モヤシ以外は白菜入りってのもナイスなポイント!

@チャーハン ¥430

image

チャーハンですが、コレがまた絶妙な味付けのバランスで、パラパラまで行かないチョイしっとりな火加減もオイラ好みだし、飯の焦がし加減やらピーマン入りだっつ〜とこもハートにグッと来るんだよね〜!

まる玉食堂
011-581-0705
北海道札幌市南区南三十三条西10-2-32
http://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010305/1016449/

⑤北区『初美食堂』

image image

@ラーメン/正油 ¥430

image

スッキリとシンプルなスープに、やや柔らかめに茹でられた麺と更には火入れされていない茹でモヤシに、ちっぽけだけど主張性のあるチャーシューが頗る旨い訳よ♪

image image

コレで一杯430円なのだから、驚きですよね!

やはりこういったお店の存在を根絶やしにしてはいけないと思うのと同時に、もっと沢山の方々の視点を、老舗店に向けて欲しいと切に願う訳です。

初美食堂
011-716-5521
北海道札幌市北区北14条西3丁目1-35
http://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010201/1009152/

Sponsored Link

⑥白石区『食事処 三平』

image image

@ローメン ¥600

image

さて、このローメン。
スープ的な物は一切無い、肉と野菜の餡掛けラーメンでした(´▽`)ノ

image

それ故に、激烈に熱い!!!!!

一口目っから、上顎を持ってかれるというオマケ付きのこの一杯(^◇^;)
一言で言わせていただきますと…旨い!

image

炒めた野菜や魚介、豚肉からから出た旨味や香味と醤油だれの塩梅が最高に良い!!

そこへ適度に胡椒の香りがフンワリ漂ってきて、ジワっと額に汗する辛さも加わるという合わせ技がスゴイ!

麺は中太縮れタイプのもので、これでもか!って程に餡が絡まります!

食事処 三平
011-813-6048
北海道札幌市白石区菊水上町1条1-40-56
http://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010301/1035167/
⑦豊平区『ラーメンの味幸』

image image

@正油ラーメン ¥700

image

ココは敢えてはっきり言わせて貰いましょう…。

マジで旨い!!!

image

この一見なんの変哲もない在り来たりな正油ラーメンがことの他ンマイんです!!!

image

やや多めなラード層に強めのニンニク具合や
ほんのり甘味を感じる醤油ダレに熱々なスープがなんせかんせ後引く美味しさなんだよなぁ~♬♪♫

しかも普段重きを置かない部分であるチャーシューがめちゃくちゃ良い感じの柔らかさと塩梅でビックリ!

この際、ただし店の汚さは見なかった事にしてしまいたくなるのでご注意を。

ラーメンの味幸
011-816-7088
北海道札幌市豊平区平岸3条13丁目1-2
http://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010303/1028754/

⑧厚別区『らくらく』

image image

@正油ラーメン ¥550

image

550円だろ?!?!なんだこのボリューム!!!!!

image

先ずはスープのみを蓮華で掬ってズズとすると、塩っぱぁ~!と、思ったのも束の間、札幌定番の中太多加水縮れ麺を啜っているうちに、不思議と最初に感じた塩分を忘れてしまった…。

これぞ、スープと麺の相性なのか?!?!

炒めたモヤシもシャッキシャキだし、チャーシューがめっちゃ旨い!

@塩ラーメン ¥550

image

それと、後々めんどくさい事になるコーンは真っ先に全部食ってしまった方がいいね。

そういえば肝心なお店の看板の件、親父さんのに聞くの忘れてた…(^◇^;)

らくらく
011-892-2999
北海道札幌市厚別区厚別西五条2-18-18
http://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010302/1011883/

⑨清田区『ラーメン泰龍』

image image image

@とんこく正油 ¥750

image

物凄い真っ黒な見た目で結構ハードにニンニクの香りが立ち、熱々ラードで蓋をされたスープは見た目に反して塩梅はそれほど高くなく、コクっていうよりもあっさりパンチ系って感じで西山の中太縮れ麺が絡みます!

image image

火当てされたモヤシのシャキっとした歯触りと、厚めカットのモモチャーシューが噛み応え満載でワカメのハーモニーも後半になるに連れて鼻腔を抜けて来ます。

@正油 ¥700

image

コチラはかなりサラリとあっさりテイストな優しいタイプの正油ラーメンですね。

ラーメン泰龍
011-882-1274
北海道札幌市清田区清田4条3-1-22
http://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010304/1027068/

⑩手稲区『たかちゃん食堂』

image image

@塩ラーメン ¥550

image

見た目さえ今時ではありませんが、運ばれて来た瞬間から鶏がらの出汁の良い香りが立ち上がっていていきなり唾液が込み上げて来ます!

具材はしっかり肉感のチャーシューに、たっぷり入ったシャッキリモヤシと玉葱、そして長葱と板海苔です。

image

スープは鶏がらの旨味全開に、プラス玉葱の様な甘味が後押しして来て一口目から思わず「旨い!」と唸ってしまう程に好き!

image

麺は地元、小林製麺さんの中細緩縮れタイプで、麺線が長く啜りごこちがとっても良いし小麦の香りがダイレクトに感じますね〜!

よ〜く見ると、黄色いツブツブが麺に練りこまれているのがわかりコレは色素付けのビタミン系の物なのか、クチナシの様な色素なのか?まぁ、どっちでも旨きゃ良いんですけどね。

@醤油ラーメン ¥550

image

やや醤油の角がある感じだったのでココでは塩がベストかと思います!!

たかちゃん食堂
011-681-4416
北海道札幌市手稲区稲穂2条5丁目6-2
http://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010203/1008672/

よろしければポチっとお願いしますm(_ _)m⬇︎
にほんブログ村 グルメブログ 札幌食べ歩きへ
にほんブログ村









Sponsored Link