【悲報】カレーラーメンの生みの親である高橋一郎氏、呼吸不全のため死去(享年82歳)

室蘭と苫小牧を代表するご当地グルメ「カレーラーメン」の生みの親で、味の大王総本店(苫小牧)前社長の高橋一郎(たかはし・いちろう)氏が17日午後11時14分、呼吸不全のため苫小牧市内の病院で死去した。

Sponsored Link

享年82歳。

通夜は20日午後6時半、葬儀は21日午前11時、苫小牧市木場町1、ベルコ苫小牧シティホール。喪主は妻啓子(けいこ)さん。

「邪道」と呼ばれたカレーラーメンに半世紀以上こだわり、室蘭でも観光客を呼び込む名物になった。関係者は「全て高橋さんのおかげ」と感謝する。

1965年に「味の大王」を苫小牧市で創業したころにカレーラーメンを考案。

その後、岩見沢へ移転し、数年後に苫小牧に戻った。

07年まで社長を務めて普及に尽力し、苫小牧市内約30店に広めた。

 

味の大王 総本店
0144-58-3333
北海道苫小牧市字植苗138-3